フォト

カテゴリー

« 進行状況 | トップページ | NEW ORDER »

2010年7月10日 (土)

KAWASAKI

カワサキの400cc GP がメーターからの異音の修理と各部点検で入庫しました。

メーターは内部の軸受けメタルがダメで音が出ていました。ので

メーター専門OH屋さんにお願いしました。

P1030104 まずはブレーキ。

Rrはマスターからオイル漏れ。

マスター付近はご覧の通り

フレームの塗装がめくれてしまっています。

ブレーキオイルはこのように塗装などを

傷める性質があります。

古いバイクなどはブレーキオイルが

漏れ易くなっている場合が多いので要注意です。

P1030107 Rr マスターシリンダー

ここまでいくとオーバーホールとか

いうレベルではありません。

即発注!即交換!です。

即答で廃盤でした・・・

仕方ないので他車種のを流用します。

ちなみにFrマスターはインナーKITが

部品でました。

P1030134 続いてキャリパー。

FR ともにピストンの錆とシールが

痛んでいたので交換です。

こちらもFR ともに部品出ました。

というよりFRとも同じキャリパーでした。

キャリパーからのオイル漏れも無く

ブレーキも作動しましたが

年式を考えると安心とは言えないので開けました。

P1030111_2 やはり

P1030136 左が新品のシール。

P1030133 そして

Frホイールの中。

写真を見ても想像できると

思いますが

サビサビのベアリングでした。

ホイールベアリングは

Rrホイールの1個だけ 廃盤。

ですが同サイズの社外品があるので

そちらで対応しました。

ちなみに他車ですが先日書きました修理記事

P1030138 錆でクレーターが出来てしまった

フォークです。

耐油性メタルパテで

埋めました。

指でさわってもわかりません。

これでオイルが

漏れなければ最高です。

« 進行状況 | トップページ | NEW ORDER »

修理カワサキ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: KAWASAKI:

« 進行状況 | トップページ | NEW ORDER »

最近の写真

  • Img_1888_20210225231101
  • Img_2257
  • Img_2324_20210225225701
  • Img_2326_20210225225701
  • Img_2340
  • Img_2341
  • Img_2342_20210225230301
  • Img_2343_20210225230301
  • Img_2344_20210225230301
  • Img_2345_20210225230301
  • Img_2349_20210225231101
  • Img_2350_20210225231101