フォト

カテゴリー

« CB50S エンジン | トップページ | お客様車両 »

2010年5月29日 (土)

シート張り替え

破れたシートを張り替えます。

P1020706_2  まずシート皮をはがします。

P1020708 これが中のスポンジです。

破れたまま使用していたシートはたいてい水を含んでいます。

時間がある場合は天日干しして水分を飛ばします。

P1020742 これが皮を止める工具。

P1020748 でかいホッチキスです。

右が事務用ホッチキスの針です。危険な工具です。

P1020744 完成。

P1020745 裏はこんな感じ。

シートの皮によってはスポンジと皮の間にビニールを入れたりもします。

シートが破れてしまっているバイクは早めの張り替えをお勧めします。

中のスポンジが変形したり、カビが発生したりします。

スポンジが変形してからではそのままシートをはれません。

最近はシートの皮が安くで売られていたり、皮のラインナップがなくても

雑誌やインターネットでシート屋さんも紹介されています。

シートに座るとおしりが濡れていややとお思いの方は

ご連絡いただければご相談にのります。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

電話 0798-22-5587

メール kitagawa.mc.repair@nifty.com

« CB50S エンジン | トップページ | お客様車両 »

修理ホンダ」カテゴリの記事

コメント

凄く綺麗に張り替えられるものなんですね!大きいシートになればなるほど作業も難しいのでしょうね。                                                  

GB250クラブマンさんこんばんは、
大きいシートは位置合わせが小さいシートよりむずかしいですかね、まぁ基本的には同じだと思います。シートはやっぱりキレイなほうがバイクも輝きますよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シート張り替え:

« CB50S エンジン | トップページ | お客様車両 »

最近の写真

  • Img_4332
  • Img_4333
  • Img_4334
  • Img_4336
  • Img_4338
  • Img_4340
  • Img_4341
  • Img_3875
  • Img_3876
  • Img_3877
  • Img_4238
  • Img_4240