フォト

カテゴリー

2021年1月23日 (土)

HONDA の KEIHIN と YAMAHA の MIKUNI

HONDA CB250

開け始めのモゴつき

Img_1835

KEIHIN キャブレター

腐食や汚れは、少な目。

ジェット関係は古い物が付いていますので

Img_1839

KEYSTER リペアキットで組み直し。

Img_1842

キャブレター完了。

Img_1845

古いエアフィルターは

有難いことに

Img_1846_20210123142701

HMJから純正新品が出た。

これでシャキッとしてくれるかやってみます。

ーーーーーーー

YAMAHA セロー225WE

元々装着されていたMIKUNIキャブレターと

現在車体に装着されているMIKUNIキャブレター。

どちらでも不調とのことで

Img_1843

バラでお預かりした元々のキャブレターを組み直し。

数点欠品部品有り。

欠品部品は現在付いているキャブレターから使っておくれとのことで

Img_1844

組み立て。

一部はNEW部品に交換しています。

これで調子をみます。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

1月の日々の作業 その2

パウダーコーティングを依頼する前に

Img_1824

ラバーブッシュを外す。

10年くらい前に製作したR1-Zマフラーブッシュ用の治具が

V-MAXのブッシュに合致したので

Img_1826

抜く。

10年前に製作して4年前に1回使って今回。

活躍する場は少ないけど有ると無いとでは大違い。

Img_1828

ブッシュ&ブラケットを痛めることなく

Img_1829

抜けた。

ーーーーーー

拘りのチェンジペダルを

Img_1819

予備でもう1本。と入電。

一緒にご依頼の

Img_1815_20210123000301

バッテリーケース肉抜き(131.4g→120.2g)と

Img_1812_20210123000301

リアブレーキペダル(693g→663g)

Img_1832_20210123000301

可愛くバーリング的な要素を入れておくれ。とお聞きしていたので

思案の結果

Img_1833_20210123000301

こうしました。

ご自身のバイクを『 カッコよく 』 と 『 可愛く 』

人それぞれ。

去年の作業でも可愛くという案件があった

こちらもまた

Img_9609_20210123000401

前籠装着はご自身のDAXを可愛くしたいから。

Img_9610_20210123000401

可愛いDAXのオーナーは

心斎橋のメキシコ料理店 

エルパンチョ↓ の

https://tabelog.com/osaka/A2701/A270201/27001670/

 CEO↓

Img_9732_20210123000401

あれ?

いや

アミーゴォ~

Img_9738_20210123000401

ひゅーひゅーだよー

いつもありがとうございます。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2021年1月21日 (木)

1月の日々の作業 

不完全だった箇所の修正と改善作業

Img_1772

シート形状変更

表皮の厚み分タンクとの隙間を設ける。

抵抗なく簡単にセットできて

スポンジはタンクに当たらないように。

Img_e1776

形状が変わったので改造して貰った表皮ではNG。

前方にもベースがないとスポンジ形状の保持は難しいよ。とアドバイスをいただき得心。

FRPで前方のベースを作ってみます。

Img_1790

USBの位置変更と

ハザード対応ICリレーは

Img_1791_20210121225701

ここにセット。

インジケーターランプのLED化も済ませて

Img_1786_20210121225701

無事にハザード作動。

作業を進めます。

ーーーーーー

パウダーコーティングのご依頼

Img_1796_20210121225601

クランクケースカバー左右と

お預かりした部品群

Img_1797

これは、もう一度どれとどれとどれとどれを塗るのか指示を仰ごう。

何度もすみませんです。

ーーーーーー

オーナーの拘り

Img_1743

346.4g

Img_1798_20210121225401

306.6gになりました。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2021年1月20日 (水)

車両売却情報 MOTOGUZZI 1000S 売却希望価格改定

売却希望価格を改定いたしました

178万円 → 159万円(個人間売買になります)

状態良好そのまま乗り出し可能な車両でお買い得です!

車両の詳細は以下の説明をご確認ください。

ーーーーーーー

お客様の車両売却情報です

MOTO GUZZI 1000S

1991年式 初年度登録年月日 1991年11月

走行距離 44856km

車検 令和3年7月まで

Img_2809

調子良好。そのまま乗れます。

Img_2817

アイドリング動画↓

https://youtu.be/Eyw2YmoWUzI

Img_2827

Img_2823 

Img_2805

フロントカウルカスタム

脱着は容易ですのでツーリング時のみカウル装着も可能です。

Img_2810

エンジン良好 まだまだこれからでございます。

Img_2814

セルモーターにて簡単即始動OK。

バッテリーは令和元年7月に新品交換済み。

Img_2811_20191204223301

アルミHリムはチューブレス加工

Img_2812

後輪もチューブレス加工済みです

チューブレス化をしていればツーリング先でのパンクなどトラブルに対して

対応策が格段に増え安心できます。

Img_2813

インテークマニホルド交換済み

 オイルパン内のオイルフィルターは前回の車検時に交換しています。

Img_2816_20191204223601

Img_2806

ハンドル、ヘッドライトステーはカスタムパーツです。

Img_2828

ツーリングに便利な USBケーブル差し込み口、シガーソケット付き

ETCも付いています。

Img_2815_20191204225201

Img_2803 

Img_2818

詳細な写真をご希望の方はメールで送らせていただきます。

Img_2821_20191204223401

Img_2820

Img_2802

車両の受け渡しは当店が責任を持って対応させていただきます。

( ご購入の際、ローンも対応できますが

当店で扱うローンをご使用になる場合は、別途手数料と消費税がかかりますことご了承ください )

名義変更代行、点検整備をご希望の場合は

お見積りいたしますのでご依頼ください。

 

状態のいい1000Sです

個体数も少ない車種ですのでお探しの方はチャンスです。

現車を確認されたい方は事前に連絡いただければ

対応させていただきます。

別途費用は必要ですが

追加作業、名義変更代行等、ご希望でしたらお申し付けください。

お問い合わせお待ちいたしております。担当北川

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

委託販売車両情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

中古車情報はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2021年1月19日 (火)

お知らせ

1月21日(木)は

陸運支局に行きますので昼過ぎまで留守にしています。

ご迷惑をおかけいたしますが

よろしくお願いいたします。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

CBの確認とCBの修理とH2の修理と

オーナーの仰る異音が

ここまでは

Img_1720

ビビリ音と問題ないメカノイズくらいしか分からなかったのだけれども

Img_1722

この後に急に出現した。

間違いなくこれが仰る異音だ

その後、帰店するまで音は消えず。

よく聞いていれば回転上昇時にも少し聞こえている。

金属同士というか金属とプラスティックか?

共鳴して

スウィングアームピボットや右サイドカバー内、

右マフラー部からも音が出ているように感じるが

恐らく右クランクケース内。

Img_1724

HONDA CB92

点検します。

ーーーーーーーー

続きまして

予期せぬアクシデント修理とメンテナンス

欲しかったのは

Img_1695

この部品取りスイッチ

同形状の物がなかなか見つからず

Img_1696

ゲットしたのは中古ハンドルセットとなりましたが

欲しかったのは

Img_1698

これ。

Img_1625

プラプラになってしまった右スイッチから破損部品を外して入れ替え

Img_1703

これで解決します。

構造を考えるとスイッチ作動時は

この折れた突起部に一番負担がかかる。

Img_1704

フロントタイヤを交換し

その他の各所を修正して

Img_1713

試乗。

Img_1714

走行に問題なくアクシデントの影響は無さそうです。

Img_1715

追加の小物部品を交換すれば完了です

Img_1719

CB250 エクスポート TYPE1 

Img_1717

ご安全に

ーーーーーーー

続きまして

Img_1601_20210119075101

Lシリンダー点火不良

ピックアップコイルの抵抗値はどれも逸脱した数値ではありません。

CDIが原因ということが分かり

Img_1683

神鳴エンヂニアリング製CDIに交換。

無事にLシリンダーも点火しましたので

Img_1686

点火コイル付近より前方の配線修正

古い配線保護ビニールチューブを除去。

プラスティックのように硬くなった配線保護チューブのままだと

Img_1685

写真のように保護チューブが割れた箇所で曲がりが急角度。

作動部分は特に断線する原因になる。

Img_1687_20210119075201

長めに電線を切りとって曲がった部分は除去。

Img_1708

メインキー、メーター廻りの保護チューブの交換と

Img_1727

ネック部の配線、保護チューブの交換。

電装の作動確認が完了したら

エンジンを始動

Img_1726

KAWASAKI MACHⅢ 750SS H2

お待たせいたしました

ご依頼ありがとうございました。

Img_1730

ご安全に

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2021年1月15日 (金)

おケツの疲労軽減、介護スポンジEMOと、金属疲労部品

HONDA CT125 ハンターカブ

ツーリング中におケツが痛くなるということで

Img_1653

シート上部のスポンジ変更。

横から見ると分厚いシートですが

ベースが上の方まであるので

Img_1659

このくらいスライスした状態で

中心部はシートベースギリギリ。

Img_1661

スライスした面を整えて

Img_1662_20210115224501

介護スポンジEMO貼り付け。

今回は純正シート表皮を再使用する為

Img_1663

純正に近い形状に整形。

Img_1666

こんな感じ。

Img_1673

表皮をセット

Img_1667

完了しました。

これでおケツの痛みは軽減されると思います。

ご依頼ありがとうございました。

ーーーーーー

HONDA ズーマーX

センタースタンドの破断

Img_1671_20210115224601

センタースタンドのキックアーム部。

現在、海外モデルのズーマーX用スタンドは入荷までに長い期間がかかるとのことで

部品番号の違う国内モデルのスタンドに変更。

Img_1670

下が国内モデル。

キックアーム部の補強の入り方が違う。

Img_1672_20210115224601

キックアームへの力の入力方向を考えたら国内モデルが強い。

ーーーーーー

KAWASAKI GPZ1100

カムチェーン廻り

Img_1647

旧チェーンと新チェーンの比較

Img_1648

奥が旧で手前が新。結構伸びている。

カムチェーンガイドも

Img_1649

主にテンショナーロッド当たり面の変形が大きい。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2021年1月13日 (水)

お知らせ

1月14日(木)は

車両引き取りの為、昼過ぎまで店に居りません。

ご迷惑をおかけいたしますが

よろしくお願いいたします。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2021年1月12日 (火)

The Power of Dreams CBの550と450のマフラー消音作業

これが1回目の加工後↓

https://youtu.be/lNYIVTtOX98

乗っていて結構疲れる。

次が2回目の加工後↓

https://youtu.be/jcnw5-nDqE0

1回目よりはマシになった。

走行中、上まで回せばそんなに気にならないのだけれども

スロットル開度1/8付近の割れる音量が疲れる。

オーナーの表情も曇りがち。

Img_1560_20210112225601

この手法ではダメだ。

他車種の社外マフラーバッフルにヒントを得て

550のサイレンサーを加工し直した音がこちら↓

https://youtu.be/Vs04kX3VFfw

動画では分かり難いが

明らかに1/8付近の音が変わった。

Img_1586

これなら大丈夫だろう。

ブベブベ言っていた音が慣らされた感じ。

上もしっかり回る。

Img_1587

純正の方が全域で速く、乗り易いと思うが

この550の雰囲気にはターンナウトがよく似合う。

Img_1588_20210112225601

これで乗ってみて下さい。

550で製作したバッフル形状が使えると分かったら

Img_1162_20210112230701

450のこのマフラーにも採用してみる

弾けるように刻む音でも低音よりならいいと思うが

高音よりで連打になると耳が痛い。

このマフラーは弾ける音ではないが音量は大きく試乗困難。

オーナーにご理解いただき追加工

Img_1590_20210112230601

ああ、これならしっかり開けて走ることができる。

構造上、サイレンサー内部口径の広がる手前で消音している為か

音はこもりがちだが悪くないと思う。

こちらもまた純正の方が全域で速く、乗り易いが

この450にはフィッシュテールが

Img_1593

。。。。。

似合っているか似合ってないか

好きか嫌いかなんて

Img_1594

オーナーが決めることだ。

因みに

工場にこの450が停まっていると

『 なんでグリップだけ緑なん? 』と

よく聞かれることがある

僕はこう答える

Img_1595

『 知りません。 』

愛情はビシバシ伝わってくる。

お待たせいたしました

お二方ともご依頼ありがとうございました。

お二方ともご安全に

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

The Power of Dreams CTの110と125。心を掴む本田技研工業

Img_1553 110から

Img_1574 125へ

キャブレターからフューエルインジェクションヘ

ドラムブレーキからディスクブレーキへ

みんな大好きハンターカブ。

走行前点検修理作業 HONDA CT110 ハンターカブ

Img_1547

NEWパッキンセットでキャブレター組み直し

Img_1548

オイル漏れ箇所のシール&ガスケット交換

シフトチェンジシャフトと左ヘッドカバー部

右にも付いたサイドスタンドが役に立ちます。

Img_1549

動きが渋くなったガバナのグリスアップ

これだけで走りはスムーズになる。

Img_1550

オイルが漏れてきていたのはこの当たり面。

前後タイヤ、チェーン、ハブダンパーも交換して

Img_1553

試乗

相変わらず楽しいバイクだ。

小排気量のバイクの場合、

渦が森までの住吉のお山を3速で心地よく登ることができるのは

とても重要なことだと自分は思っている。

Img_1551

体感では3速4~5千回転

失速する感じがなく、密な排気を保ちながら

速度は出過ぎずそれでいて遅いと感じない

いつでも加速できる状態。

住吉のお山で心地よい速度を保つ為に

2速だと唸って、3速だと失速するとかは辛い。

今現在キタモスーパーカブ90号がその状態。

平地の乗り易さをメインにドライブ16丁に変更している為だ。

山岳路を愛すなら15丁に戻すべきか。

Img_1554

ハンターカブ110 楽しい。

ダートでコケても笑っていられるようなこの雰囲気が

好き。

作業完了しました

お待たせいたしました。

お時間いただきありがとうございました。

Img_1552

ご安全に

ーーーーーーー

続いて

HONDA CT125 ハンターカブ

前後ホイール アルミリム変更 チューブレス化 作業

今回、TAKEGAWA製 takasagoアルミワイドリムに交換の為

同時にチューブレス化。

Img_1531

純正ホイール

Img_1540

純正フロント 約3.5kg リア 約3.7kg

アルミリム化フロント 約3.1kg リア 約3.6kg

( 全てディスクローター無の重量 )

Img_1541

17X1.60 から 17X1.85へ

Img_1542

リアも同様。

フレ取りして本組を終えたら

Img_1559

段差と突起の研磨

Img_1566_20210112083401

特殊両面テープ貼り付けと保護テープ貼り付け

チョイスタイヤはDUNLOP D604 80/90-17

Img_1567_20210112083601

エア漏れチェック。

オフロード寄りのチューブレスタイヤはラインナップが少ない。

D604が90/90とか出してくれていたらいいのだけれども

現状は80/90のみ

TIMSUNから100/80が出ていたが

ハンターカブに100だと軽快さに欠ける気がする。

Img_1571

漏れがないことが確認できたら一晩置く

一晩置いたホイールが

Img_1572

こちら。

再度、エア漏れチェックを実施して問題なければ組み立て

Img_1573

試乗。

以前より路面のコツコツを拾ってるかな?という感覚もあるが

足元の剛性が上がった感じで乗り易い。

Img_1574

125もまた

渦が森までの住吉のお山を

3速で心地良く登ってくれる。

私が言いたいのはグングンとトコトコの間。

いつでもグングン行くでぇという状態をキープしながらグントコ。

Img_1578_20210112083401

ツーリングライダーにとって

Img_1579

前後チューブレス化というのは

安心感が大幅に向上する。

Img_1582

流石、前後ディスクブレーキは制動力が強い。

チェーン調整時にスウィングアームを傷つけないリアアクスルホルダー。

しっかり当たっているのは

ホイール側のスウィングアーム面のみということになると思うのだけれども

強度的にはどうなのだろう

車重が軽いから関係ないか。

ハンターカブには

Img_1583

こういう道が

Img_1584

よく似合う。

現状ではダートでコケたら笑っていられない気がするけど

ここからどんどん熟成させてコケても笑える

百戦錬磨のツーリングバイク感を出したい。自分のバイクじゃないけど。

Img_1585

心は鷲掴みです。

作業完了しました

ご依頼ありがとうございました。

Img_1577

ご安全に

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2021年1月 8日 (金)

年末の作業と年始の作業と

年末の作業

Img_1217_20210108161101

HONDA CB750F2

前後タイヤ交換とその他メンテナンス

オーナーご希望のタイヤは

Img_1218

縦溝タイヤ

Img_1235_20210108161101

走行に癖はありますが

Img_1234

よくお似合いです。

固着して折れ込んだボルトの除去

Img_1331_20210108161101

フロントマスター

Img_1332_20210108161101

緩める時に折れたボルトは滅多なことでは抜けない。

Img_1333_20210108161101

残ったボルトを切腹させて

Img_1334

バッチグーです。

こちら年を跨いでの作業

Img_1464_20210108160901

HONDA CT110 ハンターカブ

走行前点検 メンテナンス

オーナーご希望のオフロード系タイヤに交換

Img_1466

ホイールベアリング、ブレーキシュー 問題なし。

Img_1467

リアもブロックタイヤに交換。

チェーンとハブダンパーも交換します。

Img_1463_20210108160901

キャブレターは念のため洗浄してパッキン類交換します。

作業を進めます。

年明けから作業再開

DUCATI ストリートファイター

クラッチ交換とステップ位置変更

オーナーご希望の位置に移動する為の

プレートの図面を書いて

Img_1447_20210108161001

レーザー屋さんで切って貰った。

穴位置もピアスマーキングして貰っているので

Img_1448

穴加工が楽チンであります。

Img_1449

元位置

Img_1450

プレート取付

Img_1451

ペグ一個分UPと

Img_1453

UPからのBACK。

Img_1462_20210108161001

ブレーキ側は関係箇所要加工です。

プレートは昨日アルマイトに旅立ちました。

作業を進めます。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

HONDA CBの作業と メンテナンス前CBの試乗

寒波到来の8日

工場で作業しながら、ふと思った。

『 もしかして冷蔵庫の中の方が暖かいんじゃないのか 』 

そんな話はさて置き

点検修理 メンテナンス カスタム作業 

年を跨いで

Img_1149

HONDA CB450 

オーナー拘りのマフラーを装着する為

Img_1154

中間パイプの製作。

見るからに音が大きそうなマフラーなので

Img_1158

中間パイプにバッフルを仕込む

Img_1161

こんな感じ。

Img_1162

まだ音は大きい。

続いて

ガタが発生していたスウィングアーム

Img_1164

Img_1165_20210108142101

スリーブとブッシングに摩耗有り

スリーブは手に入らないので

Img_1202_20210108142001

ブッシングと両サイドのフェルト&樹脂キャップを純正新品に交換。

純正新品といえば

Img_1140

ずっと課題となっていた燃料コック

徐々にGAS漏れが酷くなってきた。

以前探した時は純正販売終了、社外品も見つけられなかったが

もしかして。の希望を胸に

純正部品を問い合わせたら

Img_1216

部品番号変更で新品がHMJから手に入った\(-o-)/

これで安心。

Img_1169

削れたスロットルインナーパイプも純正が出たので交換。

どうもプラグがしっかり焼けない為

年明け続きにさせていただき

年が明けて

他のCBも作業開始

オーナーが気になっている箇所の確認と

自身が気になる箇所の洗い出し。

Img_1487

HONDA CB250

Img_1488

仰っているところは、だいたい分かった。

確かに長い信号待ちで急に不安になる。

Img_1486

その他モロモロ、点検します。

続いて

Img_1491

HONDA CB92

Img_1493

こちらもオーナーの仰ることは、だいたい分かった。

が、気になる異音というのが確認できない。

もっとエンジンに熱を加えれば出るのだろうか。

Img_1494

スタート時は4000rpm付近から繋がないと

加速していかない。これはレーサーたる由縁か。

スロットルを捻るも、もっと伸びてもいいんじゃないのかと感じる。

そこでふと思った

平地や下りならどうか

Img_1498

グングン伸びるよ。

恐るべしホンダ技研。

吸気音も最高だ。

点検作業開始します。

250と125の後に

Img_1499

450に乗るとモンスターマシンに感じる。

450は速い。

走り自体に変な感じはないが

プラグは以前のように焼けない。

マフラーは不具合改善後に交換予定。

点検します。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

1100のエンジン

走行前点検 修理 メンテナンス作業

KAWASAKI GPZ1100

エンジンを降ろして

Img_1478_20210108140501

点検

Img_1482

ピストンはSTD

スリーブ内壁は不動期間の痕跡有り。

バルブ廻りは一通り作業を実施した方が良さそう

Img_1483

ステムシールは硬化してスコスコです。

Img_1484

要チェック。

外からは分からなかったが

Img_1512

年式が年式だけにいろいろある。

Img_1522

硬化したラバーのような小さい破片あり。

長い年月がんばって走ってきたオートバイなので当然。

Img_1525

クランクとミッションを摘出。

Img_1526

ギヤドッグ、シフターは状態良さそう。

点検を進めます。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2021年1月 6日 (水)

ZX1100

公道走行前 点検 修理 メンテナンス作業

KAWASAKI GPZ1100

異音の出ているエンジンのチェック

Img_1468_20210106224401

バルブクリアランスは、3番INが0.04入らず。

その他は大きく逸脱した箇所は無いが

4番INが0.18と規定値上限。

バルブ廻りが、聞こえた異音に結び付くとは考えられず

異音の原因はカムチェーンと判断。

テンショナー突き出し状態でもチェーンが緩い。

サイレントチェーンの為、交換にはクランクケースを分割する必要がある。

車体側のこともあるし、どうしたものかと悩んでみたが

バルブクリアランスだけ調整したところで解決しない。

永く乗るよ。とのオーナーの言葉を思い出し

Img_1469

悩むのは辞めた。

部品が手に入る内に修理する。

Img_1471_20210106224401

セルモーター取付ボルトが2本とも折れ込んでいる。

何時の頃からか、折れたボルトを見つけても気持ちが動じなくなった。

Img_1474

エンジンを降ろす。

Img_1477

フレームを掃除して

部品が揃った足回り等の作業を進める

Img_0822

メッキの剥離や傷のあった

Img_0824

インナーチューブは

Img_1475_20210106224401

東洋硬化御中で再メッキ済み。

Img_1478

エンジンは点検します。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2021年1月 5日 (火)

GSX250S 刀 モノサス

『 250カタナにSSのテールを装着したいんや 』

この一言から始まったカスタム作業も大詰め。

2020年の年末

カスタム メンテナンス作業 SUZUKI GSX250S カタナ

アッパーカウルの組み立て

Img_1273_20210105230001

リアブレーキマスター付近は本組み時に仕上げる予定だったので

Img_1296

リザーブタンクステーの製作と

Img_1300

取付口径の違うホースのアダプター製作

Img_1302

取付。

マフラー装着やその他モロモロ

Img_1305

点火は

Img_1306_20210105230201

ASウオタニ SPⅡパワーコイルKITと

オーナーご持参のカスタムイグナイターを装着。

Img_1308

各配線作業

Img_1312_20210105230301

余る配線は切る。足りない配線は伸ばす。

二進も三進もいかない配線は作る。

Img_1317

タンク下とシート下に各電装を収めて

Img_1320_20210105230301

始動。と同調。

整形して貰ったサイドカバーに

Img_1323_20210105230301

アルミメッシュをセット。

タンクも載せて

Img_1336

いい感じ。

Img_1338

シート失敗。

スポンジの削りが足りず結構キツイ。削り直しだ。

Img_1340_20210105230401

フロントフェンダー本付け。

Img_1341_20210105230401

工場内での準備が整えば

Img_1342_20210105230501

試乗

Img_1345_20210105230501

冷えたタイヤの不安感はあるが

特に問題なく走ります。

排気音はちょっと煩い。

Img_1348

いいバランスになったと思う。

Img_1355

オーナー拘りのカラーリングもマッチしています。

Img_1358

センターアップ2本出しにして良かった。

Img_5331

この250が

Img_1352

こうなりました。

悩みに悩んだ 250S NSP

ああ、カックいい。

帰店したら

Img_1372_20210105230701

ありがとうございますm(__)m

Img_1373_20210105230701

こんなに大きく。

Img_1376_20210105230701

KITAMOロゴ。

Img_1382_20210105230701

31日まで仕事のオーナー宅へ

無事、1月1日に乗っていただけて安堵。

たいへん永らくお待たせいたしました

後日、詰めの作業を実施させていただきます

お時間いただきありがとうございました。

Img_1361

ご安全に

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

淡路島ツーリング

走れ!キタモ

2021年 第一弾 極寒修行ツーリング

記事を更新しました↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/touring_mc/

どうぞご覧ください。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2021年1月 1日 (金)

2021年

謹賀新年

旧年中は大変お世話になりました

2021年も今までと変わらず

バイクメ~ン、バイクウ~メ~ン 皆々様のお役に立てるよう

日々精進してまいります。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

1月3日のツーリングに関しまして

お問合せを頂いておりますが

参加していただくのは自由です。

1年に1度、各オーナーのオートバイを観察し

こんな萌え方があるのか!と道の駅で刺激を受けていただければと思います。

その後は、解散なので萌えるチャンスは道の駅と沼島渡船乗り場のみです。

自慢のKMHRは修理できませんでしたので

自分はスーパーカブ90ですが

キタモービル、KMHRでは成しえなかった

山岳狭路に萌えたいと思います。

3日の予想最低気温は少し上がりましたが

寒いに違いはありません。

ご参加の皆様は無理をなさらぬようお願いいたします。

2021年もご安全に

代表 北川泰之

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2020年12月29日 (火)

キタモの年末年始と極寒修行ツーリングのお知らせ

毎度当店をご利用いただき誠にありがとうございます。

年内の営業は12月31日(木)まで

年始は1月5日(火)から通常営業です。

よろしくお願いいたします。

ーーーーーーー

2021年度 第11回極寒修行ツーリング

開催日 1月3日(日)

集合場所 道の駅 あわじ (淡路島)

集合時間 AM8時頃

解散時間 AM8時半

再集合場所 沼島渡船乗り場

*雨天中止

各々のペースとルートで沼島渡船乗り場を目指してください。

速い人なら10時半頃には到着すると思いますが

再集合時間は設定しません。

山岳狭路に萌えていたら12時になった。とかでも大丈夫です。

途中離脱の場合は

北川まで一報お願いいたします。

タイミング良く、沼島渡船乗り場で再会できたら談合して

その後流れ解散にさせていただきます。

今回は昼食やオプションは用意しません。

帰路も各々お好きなルートでお帰りください。

近年は暖かい正月でしたが

来る1月3日は過酷な寒さになりそうです。

しっかり防寒し無理なくご自身のペースを守って安全走行をお願いいたします。

毎年のことですが2021年の交通安全を祈願し走りたいと思います。

私はスーパーカブ90で参加します。

( 注:ジェノバラインは祭日ダイヤです )

それでは皆様

よろしくお願いいたします。

ご安全に

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

去年の年末は900SS。今年はGJ76A。

『 どっちがえぐいですか?(笑) 』(K氏談)

今日28日で各メーカーの年内部品注文は終了した。

それは、漏れがあったら今日までにということ。

『 どうや!進んでるか!? 』 

部品屋さんが配達の時に楽しみにしてくれているのは

Img_0658_20201228232501

メンテナンス カスタム作業 SUZUKI GSX250S カタナ

各職人さんから続々と部品が戻ってくる。

Img_1067

外装。

ウインカー取付用の穴は

Img_1069

埋めて貰った。Gさんすごいよ。

シートは

純正表皮を改造して前方を作り直して貰った。

Img_1070

それはそうとKITAMOトラックのシートをどないかせんと

あかんのちゃうか。以前ASHIYAさんにも言われた。

そして

パウダーコーティングが滑り込みセーフ

Img_1184

いつもありがとうございます。

Img_1192_20201228232501

製作した部品が多い。

それは組める人間が私しか居ないことを意味する。

あ、苦しまぎれのタンクマウント。。黒にして正解だった。

では、参る。

Img_1221

洗浄した部品と再メッキインナーチューブで

Img_1226

組み立て。

塗装したホイールに

Img_1228_20201228232601

NEWタイヤ、バルブ、ベアリングを装着。

Img_1230

アルマイト処理した入魂アタッチメントが光っている。

オーナー拘りの

Img_1232

リムテープを貼り付けてホイールの準備完了。

Img_1233

純正スプロケットが渋さを演出します。

フレームの下準備が完了したら

外観を掃除したエンジンを

Img_1220

搭載。

寝かしたエンジンにフレームを被せたので私の腰は無事です。

Img_1227

塗装したステムをNEWベアリング、グリス、キャップで組み立て。

Img_1237

フレームを吊って前後足回りの取付。

Img_1238

やり残していたフレーム側サスリンクのボルト加工

GSR用が長いので

Img_1239

切って

Img_1240

短くした。

Img_1242

サスペンション取付。

Img_1243

ああ、モノサスカタナになった。涙。

Img_1247

リムテープが効いている。

Img_1248

入魂アタッチメントのシルバーも効いている。

Img_1258

YZF R1シートレール装着。

恐ろしく軽いシートレールは約1.5kg。

切った250Sフレームは

Img_1257_20201228233001

約6kg。

撮り方によって

Img_1259_20201228232701

140タイヤが170くらいに見えるから不思議だ。

流用の神に助けられた集合部

Img_1266

美しくなった。

スウィングアームの内側で

Img_1264

ステンレスに

Img_1263

変わる。ここが味噌。

Img_1260

作業を進めます。

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

2020年12月28日 (月)

更新

DUCATI BEVEL R&R JAPAN

記事を更新しました↓

『 900SS KSP 』

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/ 

Img_1212_20201228223501

KITAGAWA MOTOR CYCLES

庫県神戸市東灘区魚崎西町3-4-6

TEL 078-806-8757

Email : kitagawa.mc.repair@nifty.com

--------------------------------

3-4-6, Uozakinishimachi, Higashinada-ku Kobe-shi,

Hyogo, 658-0026, Japan

MOTOR CYCLE repair & custom

『 DUCATI BEVEL R&R JAPAN 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/sale_and_check/

『 委託販売車両情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24035102/index.html

『 中古車情報 』はこちら↓

http://kitagawa-mc.cocolog-nifty.com/blog/cat24154685/index.html

«低速で、ねばるテンプターに

最近の写真

  • Img_1835
  • Img_1839
  • Img_1842
  • Img_1843
  • Img_1844
  • Img_1845
  • Img_1846_20210123142701
  • Img_9609_20210123000401
  • Img_9610_20210123000401
  • Img_1812_20210123000301
  • Img_1815_20210123000301
  • Img_1819